Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C398] Re: 拝読しました。

ケンイチさま

> 重い内容なのに、読み手には、さわやかなメッセージとして伝わるという、不思議な漫画<

  ↑  はたして、、それで いいのでしょうか、、?  ちと 悩むところです。

モモイさんのコメントからの ヒントで「母ちゃんの祈り」の出だし 4ページ程
描き直してます。 読み比べていただけたら 嬉しいです。
  • 2010-06-16
  • 投稿者 : ごとう和
  • URL
  • 編集

[C397] 拝読しました。

重い内容なのに、読み手には、さわやかなメッセージとして伝わるという、不思議な漫画です。和さんのやさしい絵と心のこもったことばが紡ぎ出したものかも知れません。

私も母親に対する感情は複雑です。まだ健在ですが、病気のこともあり、2年以上会っていません。今日電話してみます。母の日には自分の使っているのと同じ「転ばぬ先の杖」を送りました。
  • 2010-06-16
  • 投稿者 : ケンイチ
  • URL
  • 編集

[C394] Re: 広島

モモイさん  ありがとう!!

<ラストの子どもたちが千田さんに掛けた
「また広島に行くねー」の言葉にはっと胸を衝かれました。>
、、に、私もハッとしました。 あまりにもアッケラカンと
言い放って、、それで よかったのだろうか、、、。

でも 2/17日学校を出て車に向かう川本さんのために
 子供たちはそれは楽しそうに 元気よく
自分たちから あっという間にアーチを創り「川本さーん
くぐってー!!」と 呼んだのです。

広島の資料館で見た事感じた事は それぞれが
いろんなカタチで 心に刻んでいると思います。

春休みに「川本さん、こんにちは。 静岡から来ました」と、
声をかけてくれた男の子がいました。
インフルエンザで修学旅行に行けなかった I 小学校の子でした。
お父さんと一緒に 来たのだそうです。

小6で広島に行く学校は多くありません。H 校長先生の思いが実現し
又それを次の K校長先生が受け継いでくれたのです。

おまけです、、。H校長はうちの長男が中1の時の担任だったのです。
そんなご縁 あんなご縁を、、千夏ちゃん家族が繋いでくれたのです。

今日は この辺で、、、。

  • 2010-06-09
  • 投稿者 : ごとう和
  • URL
  • 編集

[C393] 広島

和さ~ん、今日やっと「母ちゃんの祈り」読めました!

「フォアミセスの何処に掲載されてるのかな」と本をめくり、絵をぱっと見ただけで迫力が伝わってきました。
「なんかすごいですよ、これは~」と感じながら、例のデトックス涙付きのイッキ読みとあいなりました。

ラストの子どもたちが千田さんに掛けた
「また広島に行くねー」の言葉にはっと胸を衝かれました。

かつて修学旅行で広島へ行き、原爆の恐ろしさは身にしみても、その中の何人の子どもが再び広島・平和記念館へ訪れたいと思っただろうか・・。(残念ながら私は広島へは行っていませんが、かつての教え子達はすごくショックを受けて帰ってきたようでした。)

今、千田さんや岡田さんたち語り部さんがいるからこそ、生きて愛と平和のメッセージを伝える人々がいるからこそ「広島のメッセージ」は人の胸を打つのだと思います。

愛の欠乏感が人類の今の状況を引き起こしているのだろうとひしひしと感じるこの頃です。
そして愛に飢えているのは私こそである・・(家族は揃っているのにね・・)。
この作品は私のそんな想いをえぐりだしてきます。

この感覚、なんて文章に表わせばいいんだろ~!ごめんね、和さん。
単行本も期待してます☆







  • 2010-06-09
  • 投稿者 : モモイ
  • URL
  • 編集

[C392] Re: 読みました

a-yanさん

コメントありがとうございます。
こんな事書くと ヒンシュクを買いそうですが、、
私は 母を大事にしたいと思う反面、苦手でもあります。
1番複雑な思いを 持ってしまう相手かもしれません。

見事なスペクタル映画や スタイリッシュなドラマが、、
「母を求める物語」である事が多いような気がします。

返事コメントうまく書けずにごめんなさい。
作品読んで下さって ありがとう!! 嬉しいです。

  • 2010-06-09
  • 投稿者 : ごとう和
  • URL
  • 編集

[C391] 読みました

千田さんのお母さんに対する思いに共感しました。
亡くなった理由は違いますが私も8才の時に母を病気で亡くしているので亡くなった時、お母さんはどんな気持ちだったのかなって考えます。
普段は口には出しませんが今でもお母さんに会いたいって思います。
物質的には恵まれた現代ですが心は貧しくなっているのではと思う事がある今日この頃、千夏ちゃんの純粋な思いには心をうたれました。
みんなが優しい人になり心穏やかでいられたら戦争はおきないと思います。
  • 2010-06-09
  • 投稿者 : a-yan
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「母ちゃんの祈り」



いつもの事だけど、、、本に載ってすぐの作品は
なかなか読めない。 ホントにあれで良かったんだ
ろうか、、。 やっぱり描かなければよかったんじゃ
ないだろうか、、とか。。気になって読めないのだ。

今回もそうで、、でも 単行本収録のために
見直さないといけない、、、でも、、

なんてぐずぐずしてたら、、広島の岡田さんから
電話が入って、背中押してもらって やっとこさ
読みましたーっ!!

単行本用に 原稿を数枚戻してもらって 手を
入れる事にしました。

お薦めです。 読んでみてください。




スポンサーサイト

6件のコメント

[C398] Re: 拝読しました。

ケンイチさま

> 重い内容なのに、読み手には、さわやかなメッセージとして伝わるという、不思議な漫画<

  ↑  はたして、、それで いいのでしょうか、、?  ちと 悩むところです。

モモイさんのコメントからの ヒントで「母ちゃんの祈り」の出だし 4ページ程
描き直してます。 読み比べていただけたら 嬉しいです。
  • 2010-06-16
  • 投稿者 : ごとう和
  • URL
  • 編集

[C397] 拝読しました。

重い内容なのに、読み手には、さわやかなメッセージとして伝わるという、不思議な漫画です。和さんのやさしい絵と心のこもったことばが紡ぎ出したものかも知れません。

私も母親に対する感情は複雑です。まだ健在ですが、病気のこともあり、2年以上会っていません。今日電話してみます。母の日には自分の使っているのと同じ「転ばぬ先の杖」を送りました。
  • 2010-06-16
  • 投稿者 : ケンイチ
  • URL
  • 編集

[C394] Re: 広島

モモイさん  ありがとう!!

<ラストの子どもたちが千田さんに掛けた
「また広島に行くねー」の言葉にはっと胸を衝かれました。>
、、に、私もハッとしました。 あまりにもアッケラカンと
言い放って、、それで よかったのだろうか、、、。

でも 2/17日学校を出て車に向かう川本さんのために
 子供たちはそれは楽しそうに 元気よく
自分たちから あっという間にアーチを創り「川本さーん
くぐってー!!」と 呼んだのです。

広島の資料館で見た事感じた事は それぞれが
いろんなカタチで 心に刻んでいると思います。

春休みに「川本さん、こんにちは。 静岡から来ました」と、
声をかけてくれた男の子がいました。
インフルエンザで修学旅行に行けなかった I 小学校の子でした。
お父さんと一緒に 来たのだそうです。

小6で広島に行く学校は多くありません。H 校長先生の思いが実現し
又それを次の K校長先生が受け継いでくれたのです。

おまけです、、。H校長はうちの長男が中1の時の担任だったのです。
そんなご縁 あんなご縁を、、千夏ちゃん家族が繋いでくれたのです。

今日は この辺で、、、。

  • 2010-06-09
  • 投稿者 : ごとう和
  • URL
  • 編集

[C393] 広島

和さ~ん、今日やっと「母ちゃんの祈り」読めました!

「フォアミセスの何処に掲載されてるのかな」と本をめくり、絵をぱっと見ただけで迫力が伝わってきました。
「なんかすごいですよ、これは~」と感じながら、例のデトックス涙付きのイッキ読みとあいなりました。

ラストの子どもたちが千田さんに掛けた
「また広島に行くねー」の言葉にはっと胸を衝かれました。

かつて修学旅行で広島へ行き、原爆の恐ろしさは身にしみても、その中の何人の子どもが再び広島・平和記念館へ訪れたいと思っただろうか・・。(残念ながら私は広島へは行っていませんが、かつての教え子達はすごくショックを受けて帰ってきたようでした。)

今、千田さんや岡田さんたち語り部さんがいるからこそ、生きて愛と平和のメッセージを伝える人々がいるからこそ「広島のメッセージ」は人の胸を打つのだと思います。

愛の欠乏感が人類の今の状況を引き起こしているのだろうとひしひしと感じるこの頃です。
そして愛に飢えているのは私こそである・・(家族は揃っているのにね・・)。
この作品は私のそんな想いをえぐりだしてきます。

この感覚、なんて文章に表わせばいいんだろ~!ごめんね、和さん。
単行本も期待してます☆







  • 2010-06-09
  • 投稿者 : モモイ
  • URL
  • 編集

[C392] Re: 読みました

a-yanさん

コメントありがとうございます。
こんな事書くと ヒンシュクを買いそうですが、、
私は 母を大事にしたいと思う反面、苦手でもあります。
1番複雑な思いを 持ってしまう相手かもしれません。

見事なスペクタル映画や スタイリッシュなドラマが、、
「母を求める物語」である事が多いような気がします。

返事コメントうまく書けずにごめんなさい。
作品読んで下さって ありがとう!! 嬉しいです。

  • 2010-06-09
  • 投稿者 : ごとう和
  • URL
  • 編集

[C391] 読みました

千田さんのお母さんに対する思いに共感しました。
亡くなった理由は違いますが私も8才の時に母を病気で亡くしているので亡くなった時、お母さんはどんな気持ちだったのかなって考えます。
普段は口には出しませんが今でもお母さんに会いたいって思います。
物質的には恵まれた現代ですが心は貧しくなっているのではと思う事がある今日この頃、千夏ちゃんの純粋な思いには心をうたれました。
みんなが優しい人になり心穏やかでいられたら戦争はおきないと思います。
  • 2010-06-09
  • 投稿者 : a-yan
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Recent Trackbacks

Extra

最近の記事

プロフィール

ごとう和

Author:ごとう和
漫画家生活30年を超えた『ごとう和』の作品紹介と近況をお知らせするブログです!

07.1月よりの来訪者様

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。