Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C309] Re: 勇気

chokoママさん

返事遅くなりました。 ごめんね

無理して話すこともないと思います。
話したくなったら go!!という事で!
のんびり生きましょう。

  • 2009-12-14
  • 投稿者 : ごとう和
  • URL
  • 編集

[C302] 勇気

実名で病気のことをお話しする方はなかなかいません
私など病名を告げられて1年、数える程の人にしか話していません
見栄っ張りで勇気が無いのでしょう
病気は自分の人生設計には無かった事
でも運命の中には組み込まれていた事なんだ、それなら病気と二人三脚で歩くしかないぞ。
そんな前向きな気持ちになりました。
これからもいろんな挑戦、教えてください。
  • 2009-11-28
  • 投稿者 : chokoママ
  • URL
  • 編集

[C301] 決意表明

ちょっと肩に力の入った「決意表明」しかと承りました。自分で創った「病」なら、自分で治せるのでは、という発想はなるほどと思わせるものがあります。

今回のコラムを読んで2つの言葉が思い浮かびました。「因果応報」と「逃げの人生」です。振り返って見ると自分の人生はまさにこの言葉に象徴されているような気がします。

これを機会に、気持ちを切り替え、和さんの後塵を拝して、自分で創った「病」を治す努力を始めたいと思います。ありがとうございました。
  • 2009-11-28
  • 投稿者 : ハリマオ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

窓辺 9 「思い」がカタチに

窓辺  9   「思い」がカタチに

「思いは必ず叶う」を信条にしている私、「病気になり
たい」と思った訳ではないけれど、2005年12月に
パーキンソン病と診断されました。

『どうして私は病になったの?』

そんな疑問を抱えながら、悲嘆、あきらめ、絶望をも
味わう日々。左手足の動きの悪さにめまいも加わり、
体調は最悪。リンパ・マッサージでもやれば少しは気分が
良くなるのではと出向いた近所のマッサージ・サロン。

そこでの出逢いが 又ググーッと人生を軌道 修正する
事になったのです。ふらつく私を見た、オーナーの
Y先生は「もし良かったら 台湾式マッサージをしばらくの
間続けてみてくれませんか?」とアドバイスして
くれたのです。続けて3日目くらいから、出来なく
なってた寝返りが打てるようになり、果物の皮むきも
スルスルと出来るようになりました。そして先生主宰の
「体操教室」で毎週ストレッチ&踊りをやる事になり、
それに散歩・自宅でできる音楽運動療法も続けている内に、
体の動きが良くなっていることに気がついたのです。

体を動かす」ことを「続ける」大切さ…。      
1年ではわからなくても2年すぎるとはっきりとわかります。
薬も2007年9月から増えていません。

「病」の進行がゆっくりになってる?
病院でお世話になってる先生が言って下さった訳では
ありません。あくまでも自分でそう感じてるだけです。
わたし個人の例です。       

 いくつかの事から逃げたいと思っていました。
その思いが「病」のカタチで現れた気がします。     
実際「病」を理由にいくつかの事を休ませて
もらいホッとした自分がいるのですから。

ならば!です。 自分で創った「病」なら、       
自分で治せるのでは!?とも思うのです。

スポンサーサイト

3件のコメント

[C309] Re: 勇気

chokoママさん

返事遅くなりました。 ごめんね

無理して話すこともないと思います。
話したくなったら go!!という事で!
のんびり生きましょう。

  • 2009-12-14
  • 投稿者 : ごとう和
  • URL
  • 編集

[C302] 勇気

実名で病気のことをお話しする方はなかなかいません
私など病名を告げられて1年、数える程の人にしか話していません
見栄っ張りで勇気が無いのでしょう
病気は自分の人生設計には無かった事
でも運命の中には組み込まれていた事なんだ、それなら病気と二人三脚で歩くしかないぞ。
そんな前向きな気持ちになりました。
これからもいろんな挑戦、教えてください。
  • 2009-11-28
  • 投稿者 : chokoママ
  • URL
  • 編集

[C301] 決意表明

ちょっと肩に力の入った「決意表明」しかと承りました。自分で創った「病」なら、自分で治せるのでは、という発想はなるほどと思わせるものがあります。

今回のコラムを読んで2つの言葉が思い浮かびました。「因果応報」と「逃げの人生」です。振り返って見ると自分の人生はまさにこの言葉に象徴されているような気がします。

これを機会に、気持ちを切り替え、和さんの後塵を拝して、自分で創った「病」を治す努力を始めたいと思います。ありがとうございました。
  • 2009-11-28
  • 投稿者 : ハリマオ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Recent Trackbacks

Extra

最近の記事

プロフィール

ごとう和

Author:ごとう和
漫画家生活30年を超えた『ごとう和』の作品紹介と近況をお知らせするブログです!

07.1月よりの来訪者様

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。