Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C241] Re: 地に足が着いた作品と不思議なご縁

もみじさん
メールとどいたでしょうか?
岡田さんは、、お互いの知ってる方なのでしょうか、、?
又、お時間ある時にデモ教えてくださーい。。
  • 2009-09-26
  • 投稿者 : ごとう和
  • URL
  • 編集

[C238] 地に足が着いた作品と不思議なご縁

 実話を元に書かれた作品に、語り部の苦悩と生き様がまざまざと伝わり、「漫画」と言う言葉では失礼だと思うぐらいの表現媒体としての力を見せつけられた思いです。すばらしい。こうした作品が増えて、次世代に共感されていくことを大いに応援したいと思いました。
 それと、同姓同名かも分かりませんが、主人の今は亡き叔母三佐尾の親友でおられたあの岡田さんでしょうか。ご夫妻共にとてもいい方と存じております。だとしたら、不思議なご縁です。
私事で、間違っていたらごめんなさい。
広島なもので、つい・・・。

[C222] Re: 『生きるんだ』

Maxiさま
「生きるんだ」を,読んでくださって ありがとうございました。
広島平和記念資料館でも 置いてくださってて 年配の方 から子どもさんまで
幅広い層の方が 買っていってくださってるようです。

小・中学校の 指定図書 にいつか なってくれたりしたら いいなーと思ってます。
  • 2009-09-07
  • 投稿者 : ごとう和
  • URL
  • 編集

[C221] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009-09-05
  • 投稿者 :
  • 編集

[C220] 『生きるんだ』

今朝3時から4時の間に一気に読みました。想像以上のインパクトでした。来年度からこの本を、小学生の必須読本に指定すべきです。命の大切さ、生きることの大切さ、戦争の愚かさなどが凝縮されており、社会・道徳の教科書にぴったりです。英語を教える暇があったらこの本をみんなで読んで、感想をかきましょう。

お手玉でお赤飯をつくる話など、今時の子ども達にはわからないと思います。内容はとてもシリアスでありながら、和さんのお人柄がそのまま出ているような、とても可愛い本に仕上がっていると思います。また絵もみなかわいいですね。久々に感動しました。ありがとうございました。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

生きるんだ

20070118210004

わたしの単行本「生きるんだ」(秋田書店刊)に収録されている
作品のモデル、、、岡田恵美子さんと川本省三さんが
静岡にいらっしゃる事になり、友人の計らいで静岡市の協力も得て
「講演&交流会」が決まりました。

2月17(土)アイセル21・4F研修室14時~16時30・
参加費は無料(申し込みが必要)定員100名。

***岡田さんは8才の時広島市内で被爆。川本さんは原爆投下時、
10才で広島県三次郡に疎開中。数日後、広島市にもどり、2次被爆。
現在、お二人とも、広島平和記念資料館でピースボランティアとして、
訪れた人の案内と語りベをつづけておられます。
***お二人にどーんと美しい富士山をみてもらいたくて、宿は日本平ホテルにしました。
わたしも一緒に泊まり、16日~18日の3日間、
わいわいと修学旅行気分ですごそうと思ってます。どうぞ晴れますように!! 

講演参加申し込みは 

静岡市中央公民館アイセル21*054ー246ー6191
***2月10日より受け付けます。 
また、プラムフイールドでは、すでに受け付けてますので
よかったらお電話どうぞ、、!!
**054ー209ー2021**
スポンサーサイト

5件のコメント

[C241] Re: 地に足が着いた作品と不思議なご縁

もみじさん
メールとどいたでしょうか?
岡田さんは、、お互いの知ってる方なのでしょうか、、?
又、お時間ある時にデモ教えてくださーい。。
  • 2009-09-26
  • 投稿者 : ごとう和
  • URL
  • 編集

[C238] 地に足が着いた作品と不思議なご縁

 実話を元に書かれた作品に、語り部の苦悩と生き様がまざまざと伝わり、「漫画」と言う言葉では失礼だと思うぐらいの表現媒体としての力を見せつけられた思いです。すばらしい。こうした作品が増えて、次世代に共感されていくことを大いに応援したいと思いました。
 それと、同姓同名かも分かりませんが、主人の今は亡き叔母三佐尾の親友でおられたあの岡田さんでしょうか。ご夫妻共にとてもいい方と存じております。だとしたら、不思議なご縁です。
私事で、間違っていたらごめんなさい。
広島なもので、つい・・・。

[C222] Re: 『生きるんだ』

Maxiさま
「生きるんだ」を,読んでくださって ありがとうございました。
広島平和記念資料館でも 置いてくださってて 年配の方 から子どもさんまで
幅広い層の方が 買っていってくださってるようです。

小・中学校の 指定図書 にいつか なってくれたりしたら いいなーと思ってます。
  • 2009-09-07
  • 投稿者 : ごとう和
  • URL
  • 編集

[C221] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009-09-05
  • 投稿者 :
  • 編集

[C220] 『生きるんだ』

今朝3時から4時の間に一気に読みました。想像以上のインパクトでした。来年度からこの本を、小学生の必須読本に指定すべきです。命の大切さ、生きることの大切さ、戦争の愚かさなどが凝縮されており、社会・道徳の教科書にぴったりです。英語を教える暇があったらこの本をみんなで読んで、感想をかきましょう。

お手玉でお赤飯をつくる話など、今時の子ども達にはわからないと思います。内容はとてもシリアスでありながら、和さんのお人柄がそのまま出ているような、とても可愛い本に仕上がっていると思います。また絵もみなかわいいですね。久々に感動しました。ありがとうございました。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Recent Trackbacks

Extra

最近の記事

プロフィール

ごとう和

Author:ごとう和
漫画家生活30年を超えた『ごとう和』の作品紹介と近況をお知らせするブログです!

07.1月よりの来訪者様

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。