FC2ブログ

Entries

パーキンソン友の会で話した事

20081020024534

10/13日に グランシップで「パーキンソン友の会・静岡支部の集まり」で
「私のパーキン体験」を話してくれと 主治医M先生に依頼された。「体操の事なら
話せますが、、」と言ったら「それを 話してほしいんだ」と。
以下に 話の抜粋を、、、。
*************************************
 (私は2005年12月に パーキンと診断されました)
友だちに「太極拳」もよさそうだと聞き 2008年1月から 通う事に、、。
これも ふらつかず ついていけるのです。 きっと体操を続けてきたからだと思います。

そうなんです。体操を2年 続けてきたら 体の動きが良くなってきてるのです。
腰の動き 足の運び等々、、。
一番ビックリしたのは 絶対出来なかった動き 足首をクイっクイっと 動かし移動するのが どうしてもできなくて 一人 動けず 突っ立ってる だけだったのが、、、

なんと いつのまにか動けてるのです。 こんな感じです、、とつい壇上で実演、、。

そして 4月再び夜桜も踊る事ができました、、。

わたしは 人生は実験の連続だと思ってます。
病気になりたいとは 思っていなかった筈、、でも なってしまった。 原因は確定されてないが、、
自分がつくってしまった事はわかる。 自分がいろんな事を引き寄せて 創ってしまったのだろう、、。   それならば、、!!

自分が創ったものなら  自分で元に戻せるのでは、、と、思えるのだ。

幸い 去年の9月から 薬は増えず 散歩の足取りも 軽やかだ。

病院でいただく薬に支えられ、 週1の体操教室 月2回の太極拳 散歩、
足ツボマッサージ とリハビリ、、、で どんな実験結果が得られるのか、、。

先日聞きに行った 講演会で印象に残った事があります。
「ひとつの感情を長くもたない事です。 笑って 泣いて 怒って 悲しんで 寂しがって、、そういう 感情をだしたら パッと ひく事です。
それが 病気に ならないコツ.」だそうです。

パーキンソン病は 治らない、、と言われてますが わたしはそう決めつけなくとも
いいじゃんと思うのです。 決めたら その道をたどるだけだと思うんですね。

だから 運動してリハビリして 「体は動いてますよー ドーパミンさん出てくれて
ありがとうございます!!」と 声にだして 体と心と魂に 感謝。

気負わずに そんな実験を続けていこうと思っています。
*****************************************************
その日の記念講演で 先生と患者さんとの質疑応答で印象に残った事、、。

患者さん「DBS(脳に電極を埋め込み 電流を流しふるえ等を改善)・遺伝子治療は
     パーキンソン患者を救いますか?(ごとう意訳)
F先生 「新しい薬ができる度に これで患者さんははよくなる、、と思っても 4・5年
    たつと なにかしら副作用がでてきます。ほとんどがそうです。ですから
    これからでてくる治療法にも光と陰はあるのでは、、と思います。」
    「薬の副作用で 腰がガクッと曲がってしまう事があります。 その時は
     すぐに背筋を鍛えてください。 かなり改善されます。 とにかく筋力が
     大事です。」
M先生 「パーキンソンの患者さんは 真面目で几帳面な人が多いのだけれど
     どういう訳か 運動は続けてくれないんですよね、、。」


  この先のことはわかりません。 わたしのやり方がベストという事でもありません。
  言葉足らずの ところは おゆるしください。

   常に今の自分を 伝えるだけのわたしです。
  100人100様の方法があるのではと思います。 

***写真は グランシップ11階の会場の 壇上から見える景色***







スポンサーサイト



4件のコメント

[C156] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008-10-22
  • 投稿者 :
  • 編集

[C155] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008-10-21
  • 投稿者 :
  • 編集

[C153]

コメントありがとうございました。
日経新聞の記事 是非読みたいと思うのですが、、。

メール? それとも郵便 ですか?
そちらにメール送ったら戻ってきちゃいました。

よろしくお願い致します。

  • 2008-10-21
  • 投稿者 : ごとう和
  • URL
  • 編集

[C152] パーキンソン

10月19日の日経新聞にパーキンソンの記事が出ていました お読みになりましたか まだのようでしたら記事は取ってありますので 送りますが いかがでしょうか
貴女のNHKの放送を聞いて関心を持っていました お節介でしたらごめんなさい

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Recent Trackbacks

Extra

最近の記事

プロフィール

ごとう和

Author:ごとう和
漫画家生活30年を超えた『ごとう和』の作品紹介と近況をお知らせするブログです!

07.1月よりの来訪者様

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる