FC2ブログ

Entries

中村哲さん!!

20061028111355
昨夜、10月27日・中村哲さんの報告会が静岡市で開かれ、アイセル・ホールが満員になりました。 中村さんは、パキスタン・アフガニスタンで22年間 診療を
続け、また大旱魃で飢餓に苦しむアフガンの人々のために、井戸を掘る医師でもあります。
5年前、アメリカのアフガン侵攻で飢える人々のために「アフガン命の基金」をつくり
全国から多くの支持・寄付金が集まり多くの人が救われました! 5年前の10月にわたしは
ネットで偶然、中村哲さんが国会の議員会館でお話をするとの情報をみつけすぐ新幹線にとびのり
哲さんのお話を聞く事ができました。テロリスト根絶のためと称してピンポイント爆撃を続け、アフガンの一般市民・女・子供・老人を殺している、大国の傲慢と理不尽、それに対し中村さんは「武器ではなにも解決しない」とひたすら井戸を掘り アフガンの人々に食べ物と水を届け続け 「誰もが行きたがらない所に行き、誰もがやりたがらない事をする」と淡々と話す哲さん。 静岡の人たちにも哲さんのお話を聞いてもらいたいと思い、友人と講演会をひらいたのです。その時も大勢の人が来てくださり 福祉会館のホールが人であふれ、ステージの上に座ってきいてもらう程でした。そして、いつか又、哲さんに静岡にきていただく事を約束しながら、早5年、、、来ていただいて本当によかった!!「平和憲法を守ることの大事さ!!」「絶対に武器をもって他国にいってはいけない!万が一、自衛隊が武器をもちアフガンに入った時には、自分は日本国籍を棄てて、自衛隊と向き合う!」の言葉にわたしは涙がでました。自衛隊が1日も早く武器を棄て 災害救助隊と生まれ変わってくれることを祈ります!!   中村さん達が灌漑した500ヘクタールは緑の大地が蘇り現在は第2工事の完成が目前になっています。これを日本では約12500人のペシャワール会会員が支えています。でも まだまだお金がかかります。 多くのひとがペシャワール会に入って、哲さんたちの活動を支えてくれるといいなあと思ってます。

 「ペシャワール会は、1983年9月、中村医師のパキスタンでの医療活動を支援する目的で結成され、彼の活動を支援するとともに、アジアの人々についての理解を深めていきたいと願っています。」
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Recent Trackbacks

Extra

最近の記事

プロフィール

ごとう和

Author:ごとう和
漫画家生活30年を超えた『ごとう和』の作品紹介と近況をお知らせするブログです!

07.1月よりの来訪者様

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる