Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年へ、、、

20091231151011


 今年も お陰さまで「素晴らしい年」でした。
  ありがとうございました。

 来年も楽しいことがたくさん 待っています。
  どうぞよろしくお願いいたします。

         和
  
スポンサーサイト

父と猫

20091231101600

昔は 猫も犬も苦手だった父、、、。

最近は ニャンコとお喋りしたり、、
喉もさすってあげるようになりました。

31日のお昼は 松本帰りの次女のお土産「ほうとう」
ヤサイたっぷり入れて 美味しかったー!!

夜は娘達が たこ焼きを焼いて 
それをつまみながら お節の仕上げです。

ひとめぼれ!

20091229000145

久しぶりに入った「器」のお店で 出逢った「萩焼の土鍋さん」
あんまり素敵で、、、つい友人に「これ 買って」と言って
しまった。

仕事が終わり さて夕ご飯の支度を、、と、ピンポーン。
「はーい」とでると「メリー・クリスマス!!」1?

なんと!遅れてきたサンタさんが「土鍋」を運んできてくれたのだ!!

ももひきちらりの母ちゃんとサンタさんが話してる途中に
ズバリももひき姿の父ちゃんも現れサンタさんにご挨拶。

最近 すてきなご褒美(?)をあちこちからいただいています。
ありがとうございました。

窓辺  13

  ***  Rくんからの贈り物  ***

 1年前の12月に 6歳のRくんが「脳幹に腫瘍が
できる難病」とわかり、治療を受けても半年~1年と
言われた時、ご両親は「何か悪い夢でも見ているの
ではないか。目が覚めるたびに夢であってくれ」と
願ったそうです。    

たくさん泣いた後、ご両親はR君の為に出来る事は
何でもしました。ある時、Rくんは家族にこんな事を
言いました。「ボクが病気になって 良かったと思う人
手を挙げて~」みんな一瞬、顔を見合わせました。

けれど みんなで「は~い」と、答えました。Rくんが
「ボクが病気になって いろんな人と出逢って助けて
もらってるでしょ。食べ物も気をつけてみんな元気でしょ」
と言ったからです。 更にRくんは「死んだら どこへ行く    
のかな」と聞きました。 でもお父さんもお母さんも
答えることが出来ませんでした。

 そこで「魂の世界」に詳しいMさんに頼みました。
話を聞いたRくんは「ありがとう。でももっと前に知りた
かったな」と言い、去る11月21日 息を引きとりました。        

その瞬間、ご家族から出た言葉は「今まで本当にありがとう。
また逢おうね」時刻は算数大好きのRくんらしい
1・2・3・4が並んだ12時34分。
みんな思わず笑ったそうです。      

悲しみと涙で終わる筈の最後の瞬間さえも笑いに変えた
Rくんの魂は「からだ」を離れた後、Mさんの所を訪れました。

翌日、Mさんは「シュークリーム」を手土産にRくんの
家に向いました。今回の人生の課題をやり終えたRくんは
Mさんを通して「死んだ後も魂は生き続ける」ことを
知ってもらうため家族一人ひとりにメッセージを伝え、
自分の亡骸の横で家族と一緒にニコニコしながら
「シュークリーム」を食べたそうです。

*******************************
  Rくん 本当にありがとうね!!
私が向こうに逝った時は ちらっとでもいいから 愛にきてね。
お願いしますよ。

 Rくんの ご両親、ご家族の方々に 心より感謝いたします。
書くことをお許し下さって ありがとうございました。
今度 又 ゆっくりお話をしに行かせてください、、、。


*** そして 窓辺、、、これが ラスト と、思って
  たら違いました。最終回は 12月31(木曜日)
    朝刊の2面に掲載されるそうです。  ****

もう1回 書けるなんて なんて嬉しいんでしょ!!
是非 読んで下さいね。

忘年会&マジックバー

20091223002654

今夜は仕事スタッフとの 忘年会でした。
1次会は「ハニーロースト・ピーナッツ」おしゃれ可愛い
お店で料理も美味しく わいわい楽しく盛り上がりました。

そして 2次会は[マジックバー・あうん」
いや~ 魅せてくれるわ お兄さん二人のマジック芸
盛り上がる わたしたち

なじぇ~!? え~~っ? そんなばかな~~??

私の手の中のコイン3枚が 4枚になってるんだよ~~
私がサインしたカードが入ってる カード束を上から
ぱらぱらと落とす、、、サインカードを見つけると
ペットボトルで ばしっと捕まえる。
すると カードはあ ペットBの中に。。。!!??
な、な、なじぇですか~~~

あっというまの2時間でした。

来年も楽しくお仕事いたしましょう。
よろしくお願いいたします。

静岡へ

20091220170203

今回 山形に行った目的は「雪見」、、ではなく 両親
を静岡まで連れてくること。 足腰が弱り、認知も少し
入ってる父をどうやって連れてこようか、、と、思案し
てたら 叔父さんが「新幹線のホームは駅員さんが
車いすで移動させてくれるぞ」というではないか。
チケットを買う時にその旨お願いし、本日がその日!!

さくらんぼ東根駅で まず駅員さんが車イスでエレベーター
を使い「つばさ」に案内。そして東京駅に着くともう
ホームで車イスと共に待っていて下さっている。
こだまに乗るまで1時間。特別?待合室で妹と甥っ子も
一緒に歓談。 その後、静岡駅でもホームからタクシー
まで車イスで送ってくださる。 母親は大感激で電話で
山形の叔父と友人に早速報告!

そして無事に 我が家へ到着。 あったかくなるまで
両親との共同生活します。さあて、、どうなりますやら。

写真は お昼に食べた米沢の駅弁「牛肉どまん中」
お肉はほとんど食べなくなっている私だが、、これは
、、、食べてしまいました、、、。



雪〓雪〓雪〓〓〓〓

20091219125646
山形です〓まだまだ〓雪が、ふります〓〓〓明日まで60センチ積もるそうな〓〓静岡に無事帰れるでしょうか?〓〓〓

今日から山形

20091218193939
東京駅で途中下車。息子、娘と丸ビルでランチの後、クリスマスツリーをみながらお茶しました。

窓辺 12

20091217192652


*** 「大丈夫だよ」 ***


 最近うかがったお話です。
東京の病院で 全国から患者さんがみえる有名な神経
内科医に診て頂いてる方が「なにやってもパーキンソン
病は治らないよ」と、主治医に言われ、とてもショック         
を受けたと言うのです。
思わず「暗示にかけられないで」と言ってしまいました。
 
又 ある方は「パーキンソン病」とわかり ショックを
受け、楽しみにしていた旅行も取り止め 家に閉じこも
り気味になってしまい 運動もせずにいて病気が早く
進み、動けなくなってしまった。 今は施設で暮らして
いらっしゃるそうです。自分に「パーキンソン病だ!」
と強く暗示をかけてしまったのです。

そして 働き盛りの方がパーキンソン病になった場合、
病気を隠して仕事を続けてしまう方が多いそうです。
そのために薬を多く使ってしまい 結果、病気の進行
を早めてしまうようでとても残念です。
 
 そんな時に まわりの方の理解と思いやりのある
言葉があると(どんな病気の方も)心が軽くなり 
からだもラクになるのではないでしょうか。

 『大丈夫だよ』
「あなたの言葉」と「わたしの思い」で
病気の進行は違ってくるのです。

ついでに 行政と病院にお願いしちゃおう、、、
病気が進んでからの援助も大事ですが、初期の運動が 
効果が大きいような気がするので 公民館、学校体育館
等での「体操&リハビリ教室」をあちこちで開きませんか?
そうする事で市民の健康が守られ 且つ、医療費の削減
にも繋がると思うのです。                     

パーキンソン病とわかってからの思いや体験            
を描いた漫画「ぴんくのハート」が、秋田書            
店から出てます。又、最近の身辺雑記漫画も
11/26と12/26発売の「エレガンス・イブ」
秋田書店 に描いてます。参考になったら
嬉しいです。



本日の昼ごはん

20091213140100

玄米ごはんが残ってたので、おかゆにしてそれに小麦粉
と塩を少しいれ、レーズン・くるみ・紅玉りんご、、を
混ぜ込み フライパンに敷き ストーブの上に置き、
じっくりと焼きました。   それと、
茹でブロッコリー・間引き大根菜の煮浸し・お白湯

以上が本日のお昼。。。おいしかったよー!!

広島への修学旅行

20091211182520

3年前 広島の語り部である、岡田さんと川本さんを静岡
にお招きして 講演をしていただきました。

その時 質問コーナーで小学3年生の女の子が
「私たち子どもは、平和のために何をしたらいいですか?」
とお二人に聞きました。

「しっかり勉強して世界中の人と仲良しになってください」

そう答えてくださった川本さんとその女の子は12月4日に
3年ぶりに広島で会いました。 女の子の小学校では
修学旅行先が広島なのです。 そして I小6年の子供たち
は 第1回子ども平和会議 にも出席し、堂々と意見を
伸べる姿に川本さんは感動したそうです。

原爆で孤児になり ずっと一人暮らしをしてきた
川本さんと女の子家族は おじいちゃんと孫 のような
交流を続けてきました。これからもずっと お付き合いは
続いていきそうです。

写真はお土産にいただいた「広島うさもみキーホルダー」
ありがとう Risaちゃん。。。

窓辺 11

20091210235836


*** 元気のバロメーター ***

 山形の友人から届いたリンゴの箱を開けて思わず歓声を
あげてしまった。

 『モンテディオ山形・J1残留決定』が一面トップ記事で
載った新聞が同封されていたのです。さすがに静岡の新聞
では残留決定ラインぎりぎりの記事は大きく扱ってくれな
かったので「そういう事は地元紙だよ!」と友人に言われ、
なるほどと山形の友人にお願いしてみたのです。

J2の番人と呼ばれていた おらが故郷山形のモンテディオ。
スター不在、雪国、資金難、、、しかし「お金がないから
弱いでは寂しいよね」と、「小林伸二監督」はスタッフと
一緒にグラウンドの雪をかき、街頭でビラを配り、若手を
鍛え上げ J1入りを果たしたのです。

大先輩ジュビロ磐田との開幕戦、山形は6:2の大量得点
で勝ちトップ発進してしまった事に、大喜びの自分。
静岡暮らしが長く、山形への思い入れはないと思っていた
のに、モンテディオの勝利がこれほど嬉しいなんて、、、
これってやはり「郷土愛」?!

 漫画以外に長続きしている趣味をもたない私がサッカー
に夢中になるのをスタッフは不思議がる。
昔からサッカー好きだった訳じゃない。きっかけは
ドイツW杯。パーキンソン病とのつきあいがまだ慣れない
頃で 早寝して夜中の試合を観て楽しんでる自分が嬉しか
った事。  そして「ブラジル戦」終了のホイッスルが
鳴った後、グラウンドに倒れ込み起き上がらない
「中田英寿選手」に声をかけたのは、キャプテンの宮本
選手だけ、という不思議さ。

その理由を知りたくて関連本を読んだりしてるうちに、
「オシムの言葉」でオシム監督のファンになり、テレビ
観戦の後、日本平のスタジアムにもでかけるように
なったのです。

 今季は 日本平に3回、山形・天童スタジアムに1回。
来季もサッカー観戦が楽しめるように、体調整えようと
思う私。

どうもサッカーは元気のバロメーターになってるようです。

**************

写真は 12/3日の講演会時 主催者である「静岡市」
の職員 Sさんが用意してくださった オールドローズの
花かご。。。そのセンスと気配りに感激です。
事前に「わたしの好きな花」を聞いてくれていたのです。

20091205234209

 大阪・鶴が丘にある 乳児院へ取材に行って来ました。
椎名篤子さんの「愛されたいを拒絶されるこどもたち」の
1話目にでてくる所です。 素晴らしい取り組みとそれを
維持して来た方達の熱い思い。。。来年、3月・4月発売の
「フォアミセス」に 2回連載で書かせていただきます。

うれしいおまけがありました。
なんと!鶴が丘は「セレッソ大阪」のホームグラウンド!!
試合こそなかったけれど、駅のエスカレーターに選手の
顔、顔、顔!! しかし残念ながら わかる顔なし。。。

 お昼ご飯が充実してそうな駅前レストランで
日替わりお弁当食べてきました。 おからコロッケ美味しかったー!!

 
又、現在発売中の「エレガンスイブ1月号に「パーキンの日々」載ってます。。
「からだレッスン」からだほぐし体操の漫画です。お薦めします。

窓辺  10

20091204013253
        
       
    **** 夢中になる ****

 病気になる人がいれば、ならない人もいるように、病気の
進み具合もそれぞれ違います。私の場合、なるべく
パーキンソン病が進まないように いろんな事を試しました。

 まず、針治療に始まり、米ぬか酵素風呂、半断食合宿、
☆台湾式足ツボマッサージ、リンパマッサージ、波動治療、
☆体操教室、太極拳☆からだレッスン(体ほぐし)、
リハビリ整体、☆有働式音楽運動療法、、、。
どれも良かったのですが、、、料金が高いのは長く
続けるのが大変になるし、他の方にも進め難いので、
お値段程々でよく効く療法を試した結果、今も続けて
いるのは、☆印と散歩です。 

 パーキンソン病は、脳内のドーパミンという神経伝達物質
の減少によって起こり、手足の震えや筋肉のこわばりなど
体が思うように動かなくなっていったりもする進行性の
病気なので、出来るだけ体を動かし、柔らかく
ゆるめるのが大事だなと思ってます。
 
そして、足りなくなったドーパミンを薬で補うのですが、
薬以外で体がラクになる時がある事に気付きました。
 8月のある日、劇団四季の「ライオンキング」を観に
行った時のことです。どの役者も艶のある声で
ダイナミックに歌い踊り、面白くって楽しくって 
我を忘れてカーテンコールの拍手をしまくっていたのです。

その帰り道の体の軽いこと!!パーキンのパの字も
感じられないように歩けるのです。ドーパミンは喜ぶと
どんどんでてくれる脳内物質。ライオンキングに
夢中になり大喜びの私はドーパミンをばんばん
放出していたのです。

、、、と言う事は 今までの私は「喜び下手」
、、、だったという事!? 
ま,昔のことを言っても始まらない。喜び多い人に
生まれ変わることにしよう!と、思ったのです。

**** 写真は レストラン「ヤマダイ」今年のツリー ****

Appendix

Recent Trackbacks

Extra

最近の記事

プロフィール

ごとう和

Author:ごとう和
漫画家生活30年を超えた『ごとう和』の作品紹介と近況をお知らせするブログです!

07.1月よりの来訪者様

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。