Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オン・オフのある暮し」




この本は パーキンソン病と30年、、上手につきあってきた
女性3人が「日々の心構え」「衣食住」「リハビリ」「薬」の
事まで、、日々の暮しの中で培った生活の知恵をまとめた
ものです。本屋さんにはまだ 並んでないかもしれません。
ご縁で 私のところに来てくれたので 紹介させてくださいね。

難病であるパーキンソン病としなやかに付き合い、自分の
人生を大事に味わって ていねいに生きてきたことが 
優しくさわやかな風となって伝わってくる本です。。。

表紙がなんとも優しくステキなのですが、、本を開くと
また 何とも やわらかいんです。 
担当編集さんの、<3人の作者とこの本を読むだろう
患者さんへの優しく熱い想いが>ふんわりと 溢れて来て、
、、大事に大事にこの本を創って下さった
ことが伝わってきます。

発売予定日は 4/1日のようです。
患者さん本人には勿論! ご家族 友人さんにも 参考に
なると思います。 是非 お読みくださいね。

としこさん よしこさん ともこさん ありがとう!!
アルタ出版さん ありがとう!!

スポンサーサイト

コメントへのお返事。。

20090709233701

chokoママさん
コメントいつも ありがとうございます。
リハビリ体操 是非行ってくださいね。

「パーキンソン・パーキンソン症候群について」のコミュ への書き込みにも
あるけど、発病しても 15年・20年。。と普通の生活 続けてる方が多く
いらっしゃるんですよね。そう言う事が 広く伝われば、ガックリして閉じこもらずに
すみ、、いつまでも 運動して元気で楽しく暮らし続ける人が多くなるよね。。。
という私は、どうかというと、、忙しいのを理由に
散歩さぼりがちで、、その上暑くなり、クーラー使い始め、、冷えて、、
音楽運動療法も やすみがち。。と。 君キミ、、体のことわかってんの?と、
時々 ツッコミをいれないと いけません。

今日は3日ぶりに 散歩に出て 「休んじゃ駄目!!」を、身を以て
感じて帰りました。

写真は 土日のみ 丸子川土手沿いに 開店するお店の 「鯛やき」!!
これで 200円。 ケータイの大きさと比べてみて下さい!!

パーキンソンのコミュニティから。。

20090630193240

最近 mixiのコミュ「パーキンソン病・症候群について」というコミュに入り
トピックという ものをたてました。

タイトルは「パーキンソンには運動療法が効いてる気がします」
1週間はなーーんも 反応がなかったのですが、めげずに 病院報告を書いたら
ぼちぼちと 書き込んで下さる方が出て下さったんです。

そして 今日はとても嬉しいコメントが。。!
Pさんという方が、、パーキンソンとわかり 落ち込んでいたお母様に
「ぴんくのハート」を送ったら、、

<届いた日のPM2時には『本、読み終わりました。
病気は、きっと大きなプレゼント?!病気に負けないお母さんで
いるから』と、いつもよりしっかりした字でFAXが届きました!

今まで『なんでお母さんばかり・・・』とか言ってた母から
初めて前向きな言葉を聞きました!
来週は、友だち数人と会うそうで、パーマ屋さんにも行って来た
ようです。 >

すっごい嬉しいです。 
そして お母さんが 運動療法にも目を向けてくれますように、、!

写真は 山形の友人が送ってくれた 「手作りチマキ(紅花入り)」
笹は両所山で とってきたづー、、と、友人が言っとります。

自分でできる自分のための音楽運動療法

20090228213346

写真は My・箸ならぬ、My・病パーキンソンの進みが 遅くなるように、週1の
体操教室で汗を流す以外に 自宅でやってる<音楽運動療法>の本とDVDです。

このDVDは 有働尚子・神経内科医(パリ大学の世界的権威の教授の下で
パーキンソン専門に開発されたリハビリを習得して日本に導入)が 開発した

<自分のための自分でできる音楽運動療法>です。 パーキンソンのように 筋肉や
関節の動きが悪くなる病気や症状の方にはこの体操を続けることで 運動能力の
維持や回復が期待できるように思います。

もっと詳しく知りたい DVDがほしい という方は有働先生のHP「有働式生活療法」
で検索してくださいね。
DVDのタイトル「Vive La Vie !」は
フランス語で「人生、万歳!」という意味です。

わたしはほぼ毎日 このDVDを流しながら 運動しています。 
あと、欠かしちゃいけないのは、散歩。なのに、、ここんとこの雨&花粉で
さぼっていたら、、、ちょい動きが悪く、、反省(何度目?!)

お風呂はいったら 腕ふりやって 明日は散歩にしっかりでかけよう!

パーキンソン友の会で話した事

20081020024534

10/13日に グランシップで「パーキンソン友の会・静岡支部の集まり」で
「私のパーキン体験」を話してくれと 主治医M先生に依頼された。「体操の事なら
話せますが、、」と言ったら「それを 話してほしいんだ」と。
以下に 話の抜粋を、、、。
*************************************
 (私は2005年12月に パーキンと診断されました)
友だちに「太極拳」もよさそうだと聞き 2008年1月から 通う事に、、。
これも ふらつかず ついていけるのです。 きっと体操を続けてきたからだと思います。

そうなんです。体操を2年 続けてきたら 体の動きが良くなってきてるのです。
腰の動き 足の運び等々、、。
一番ビックリしたのは 絶対出来なかった動き 足首をクイっクイっと 動かし移動するのが どうしてもできなくて 一人 動けず 突っ立ってる だけだったのが、、、

なんと いつのまにか動けてるのです。 こんな感じです、、とつい壇上で実演、、。

そして 4月再び夜桜も踊る事ができました、、。

わたしは 人生は実験の連続だと思ってます。
病気になりたいとは 思っていなかった筈、、でも なってしまった。 原因は確定されてないが、、
自分がつくってしまった事はわかる。 自分がいろんな事を引き寄せて 創ってしまったのだろう、、。   それならば、、!!

自分が創ったものなら  自分で元に戻せるのでは、、と、思えるのだ。

幸い 去年の9月から 薬は増えず 散歩の足取りも 軽やかだ。

病院でいただく薬に支えられ、 週1の体操教室 月2回の太極拳 散歩、
足ツボマッサージ とリハビリ、、、で どんな実験結果が得られるのか、、。

先日聞きに行った 講演会で印象に残った事があります。
「ひとつの感情を長くもたない事です。 笑って 泣いて 怒って 悲しんで 寂しがって、、そういう 感情をだしたら パッと ひく事です。
それが 病気に ならないコツ.」だそうです。

パーキンソン病は 治らない、、と言われてますが わたしはそう決めつけなくとも
いいじゃんと思うのです。 決めたら その道をたどるだけだと思うんですね。

だから 運動してリハビリして 「体は動いてますよー ドーパミンさん出てくれて
ありがとうございます!!」と 声にだして 体と心と魂に 感謝。

気負わずに そんな実験を続けていこうと思っています。
*****************************************************
その日の記念講演で 先生と患者さんとの質疑応答で印象に残った事、、。

患者さん「DBS(脳に電極を埋め込み 電流を流しふるえ等を改善)・遺伝子治療は
     パーキンソン患者を救いますか?(ごとう意訳)
F先生 「新しい薬ができる度に これで患者さんははよくなる、、と思っても 4・5年
    たつと なにかしら副作用がでてきます。ほとんどがそうです。ですから
    これからでてくる治療法にも光と陰はあるのでは、、と思います。」
    「薬の副作用で 腰がガクッと曲がってしまう事があります。 その時は
     すぐに背筋を鍛えてください。 かなり改善されます。 とにかく筋力が
     大事です。」
M先生 「パーキンソンの患者さんは 真面目で几帳面な人が多いのだけれど
     どういう訳か 運動は続けてくれないんですよね、、。」


  この先のことはわかりません。 わたしのやり方がベストという事でもありません。
  言葉足らずの ところは おゆるしください。

   常に今の自分を 伝えるだけのわたしです。
  100人100様の方法があるのではと思います。 

***写真は グランシップ11階の会場の 壇上から見える景色***







ぴんくのハート 再録

20080519181413

5月19日発売の「フォア・ミセス 」7月増刊号で 去年描かせてもらった
「ぴんくのハート」が 巻頭で再録されています。 

去年と同じままでは つまらないので、去年の4月からの 
わたしとパーキンソンさんとの 1年間のおつきあいを 7ページ描きたしました。

表紙に「病と闘う女たち」と あるのが ちょっと 気になるけど、、、
(わたしは闘うつもりはないので)、まだ 読んでない人の手に渡って 
なにかのお役にたってくれれば 幸いです。
去年読んでくださった方も 読ませたい方に こんな本あるよ と
伝えていただけたら ホント嬉しいです。 よろしくお願いします。 

裏表紙が わたしの絵になってます。(ブログ写真)
5月19日 発売 秋田書店 600円です。

幻視&幻覚体験!

20080219213324
病院で処方してもらってるパーキンソンの薬、、「カバサール」から「ビ・シフロール」に変わってから、幻覚ぽいのを、時々みるように、、。(薬の副作用で幻聴、幻覚があることも、、とは聞いていた)私の場合、それは、どういうものかっちゅーと、、、
夜中に目がさめたとき、目の前に怖い顔!?があるのだ!!うぎゃっと、それはそれは怖い思いを、2・3度した。  でも、それが薬によるものだと納得すると、怖い顔は見なくなり、その代わりに、、今度 現れたものは、、!? 

天井から壁紙がきれいにほどけたような、、細い白いリボンみたいのが ゆらゆらと何本も、、、!! お次は、天窓のカバー布が風もないのに、ゆっさ!ワッサ!!と揺れるゆれる、、!
最初は驚いたが、「ああ、幻覚か、、」と、見えているものを観察していると、いつもの風景に戻るのだ。
先日、病院の先生に話すと「んー、でましたか。 それは、幻覚ではなく 幻視 の
方ですね。 さて、どうするか、、薬を減らすのは無理だろうし、、、部屋を暗くするのも、いいかもなー」「大丈夫ですよ、先生 慣れてきたら 元に戻るのが早く
なってますから」  

その夜から、夜の薬は 早めに飲むか、あるいは飲まないで、部屋を暗くして眠る、ようにしたら、、、、見ないようになりました。   ホッ、、、!!

写真は 今日の仕事が終わったあとの机の上、、ペンいれの日々、、です。

波動アストレア・その2

20071106084226
波動アストレアは 体の不調の原因 も教えてくれるというので
調べて もらいました。(特定ではなく 大きい範囲で、、)

何がでて くるのか ドキドキしながら 待ちます、、。
でました。「えーーーっ!?  これ 何?!」

  <汚染物質> 体のいろんな ところに <汚染物質> 

と、でたのです。 友人は「んーーこんなに表示されるのは、
始めてだ、、和さん なにか 心当たりある?」
「えーーー わからない、、。でも、わたしに特徴的にでてると、
いう事は、、これが パーキンソン病の
原因になってる可能性があるって事よね」
「和さん それが 何か 自分に問いかけておいてくれよ」。。
この日の宿題ですね。  

そして 翌4日の夜 自宅で 静岡の友人の紹介でおためしで
「太長寿でのマッサージ& リンパマッサージ」を受けてました。

その時 毛染めの毒性の話しになり ハッとしました。

汚染物質 というのは 毛染め ではないかと!!
 (毛染め には 科学薬品が沢山使われていて 体にあまりよろしくないらしい)

私は 若い時から 白髪が多く、、、20年近く 美容院で染めて
もらってきました、、。 1ヵ月半に一度は 染めてましたから
かなりの 毒 を体にいれてますね。 そうして 皮膚からはいった毒は 出て行き難いのだそうです。

素人考えなので 真偽の程はわかりません。 でも 自分のなかでは 
やっぱり「毛染め」かなーと、、。  では、それを 体から排出する方法は ないのか、、!?  いろいろ あるようです。  
そのひとつに、、

体から 毒素を出すのに 「へナ」という インドの染め&トリートメントが効くという事で 来週から やっていただく事にしました。
へナは赤色がきつく使いたくなかったのですが ナチュラル が
あるという事です。

それを やった後で 再び アストレアさんに 波動測定やってもらうのが楽しみ&興味津々です。

もちろん 毛染めを 長くやった人が 皆 パーキンソンになってる事は、なく<毛染め+わたしの思い> が病をつくりだしたのでしょう。

今の 時点での わたしの パーキンソン改善情報 です。

  写真は Bちゃんがくれた 金色の石   玄関においてます。

Appendix

Recent Trackbacks

Extra

最近の記事

プロフィール

ごとう和

Author:ごとう和
漫画家生活30年を超えた『ごとう和』の作品紹介と近況をお知らせするブログです!

07.1月よりの来訪者様

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。